白モフのトレンドNEWS

今すぐ知りたい速報芸能ネタ
話題のニュースとスポーツ
明日から役立つ雑学
面白ネタ
をご紹介してゆきます!

    カテゴリ: 事件



    (出典 portal.st-img.jp)


    kokiさんこんなのばかりな気がするのは私だけでしょうか?

    1 ひかり ★ :2020/01/21(火) 20:54:01 ID:2btwgMoY9.net

     木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,(16)が「第31回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の10代部門を受賞し、21日、
    都内で行われた表彰式に登場した。胸元がV字型に大きくあいた白のタイトなノースリーブにパンツのオールインワン。スタイリッシュな装いと
    健康美で魅せ、会場の歓声に、さわやかな笑みを浮かべて応じた。

     表彰状を受け取ると照れくさそうな笑顔。ダイヤモンドのネックレスを身につけ、「このような賞をいただき、光栄です。自分が素敵だなと思える
    ジュエリーが似合う女性になれるようがんばりたいです」と語った。

     ゆるくウエーブがかかったロングヘアの左側を耳にかけ、イヤリングを見せるとともに、すっきり感もアップした装いだった。

     1年で最も輝いた人物に贈られる同賞。ほかに、20代部門で有村架純(26)、30代部門で木村文乃(32)、40代部門で藤原紀香(48)、
    50代部門で松下由樹(51)、60代部門で原田美枝子(61)が受賞。男性部門は田中圭(35)、特別賞(女性)を浅田真央さん(29)、
    特別賞(男性)を高橋英樹(75)が受賞した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000118-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)

    https://i.daily.jp/gossip/2020/01/21/Images/f_13052015.jpg

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】Koki「日本ジュエリーベストドレッサー賞」らしいよ。】の続きを読む


    梅宮 辰夫(うめみや たつお、1938年3月11日 - 2019年12月12日)は、日本の俳優・タレント・司会者・実業家。身長174cm、血液型はA型。所属事務所は株式会社グッデイ(東京・赤坂)。娘はモデル・タレントの梅宮アンナ。愛称は「辰兄(にい)」。 東映ニューフェイスとしてデビューし、俳優と
    40キロバイト (5,352 語) - 2019年12月12日 (木) 01:17



    (出典 geitopi.com)


    ご冥福をお祈りします。

    1 ばーど ★ :2019/12/12(木) 09:05:06.28

    梅宮辰夫さん死去 81歳「仁義なき戦い」「スクール☆ウォーズ」親分肌の役柄で人気

    映画、テレビドラマ、バラエティー番組など幅広く活躍した俳優の梅宮辰夫(うめみや・たつお)さんが12日朝、神奈川県内の病院で死去した。81歳だった。中国・ハルビン市出身。

    梅宮さんは昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受け、週3回透析治療を受けていた。この日朝、クラウディア夫人が異変に気付き119番、救急搬送されたが、帰らぬ人となった。

    1938年(昭13)生まれ。医師だった父らとともに太平洋戦争終了後、中国から日本に引き揚げ茨城県水戸市で暮らし、日大在学中にスカウトされ58年に東映ニューフェイス5期生に合格。翌年に映画「少年探偵団 敵は原子潜航艇」で主演としてデビューした。

    68年から映画「不良番長シリーズ」の主役として人気を博し、73年には映画「仁義なき戦い」で存在感をみせた。75年にはテレビドラマ「前略おふくろ様」(日本テレビ系)で、板前を演じ役者としての幅を広げ、その後も「スクール☆ウォーズ」(TBS系)、「はぐれ刑事純情派」「特命係長 只野仁」(いずれもテレビ朝日系)などに出演。公私ともに親分肌の役柄で人気を博した。

    実業家、料理家としても知られ、「くいしん坊!万才」(フジテレビ系)では2年間リポーターを務め、「梅宮辰夫の漬物本舗」は観光地を中心に全国展開し、話題となった。

    2016年に、娘でタレントの梅宮アンナが十二指腸がんであることを会見で発表。今年4月にはブログで、キッチンに立つ様子などを紹介していた。

    12/12(木) 8:50
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000128-spnannex-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    【【訃報】大御所俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 慢性腎不全】の続きを読む


    鈴木奈々(すずき なな) 鈴木奈々 (女優) - 元アイドル、舞台女優。1975年生まれ。 鈴木奈々 (モデル) - ファッションモデル、タレント。1988年生まれ。
    297バイト (23 語) - 2019年9月2日 (月) 15:01



    (出典 pbs.twimg.com)


    鈴木奈々さん早く旦那さんに見せないとですね。

    1 マロン派 ★ :2019/11/06(水) 21:49:44 ID:ThcgMNjD9.net

    鈴木奈々「谷間が出来ました」 いつもと違う色っぽい姿にファンびっくり
    クランクイン!11/6(水) 11:04配信

    タレントの鈴木奈々が5日にインスタグラムを更新し、下着での撮影のオフショットを公開。下着姿の彼女が胸の谷間を披露すると、ファンからは「ナナさんSexy」「最高」「理想の体型すぎる」といった声が集まった。

    【写真】鈴木奈々、谷間くっきり! 下着姿を披露

    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    投稿されたのは、ナイトブラの広告撮影に挑んだ鈴木の姿を収めた写真。コメント欄で鈴木は「夢の谷間が出来ました」と自身の胸の谷間について言及。ナイトブラをつけた胸元を惜しげもなく見せつけ、自慢の谷間を笑顔で披露している。

    彼女のスレンダーボディにファンからは「ナナさんSexy」「最高かよ」「ななちゃん!スタイルいいー」「理想の体型すぎる」といった声が相次ぎ、さらに「最近、より色っぽくなりましたね」「大人の魅力に変わりましたねー」などのコメントも多数寄せられている。

    引用:「鈴木奈々」インスタグラム(@nana_suzuki79)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00070560-crankinn-ent


    【【芸能】鈴木奈々の意外とエロい谷間!】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    78キロバイト (10,631 語) - 2019年11月1日 (金) 02:03



    (出典 trip8japan.com)


    吉岡里帆さんは、なぜか嫌われますよね?

    1 牛丼 ★ :2019/11/02(土) 06:59:52.86 ID:6aJZ//Lm9.net

    吉岡里帆“SNS”でファンと口論! 批判コメントに対して…
     女優・吉岡里帆のSNS上での振る舞いが、ネット上で注目を集めている。

     現在、吉岡はテレビ朝日系の深夜ドラマ『時効警察はじめました』に出演中。同ドラマの主題歌は歌手の椎名林檎が手掛けており、椎名は去る10月25日に同局の音楽番組『ミュージックステーション』に出演した。

     同放送には吉岡も“応援ゲスト”として出演し、スタジオでは「小学生のころから大ファン」「先ほど、ごあいさつさせていただいたのですが、たじろいでしまうぐらい心から愛しています」と、椎名の大ファンであることを猛アピール。椎名が歌うドラマ主題歌『公然の秘密』の生パフォーマンスを鑑賞した後は、「キャー! 最高!」「ヤバいです。とろけました!」と感極まった様子で語り、視聴者の間ではその熱狂ぶりが話題となった。

     一方、椎名の大ファンとはいえ、吉岡はあくまで「時効警察」の脇役。番宣に「Mステ」出演することが気に入らなかった者もいたようで、吉岡のインスタグラムには「Mステ」放送前から、
    《時効警察では主役でもないのに、Mステまで番宣ねじ込み過ぎ》
    《何も知らない人はあなたが主演だと勘違いするし、時効警察ファンは泣くと思う》
    《生放送なのでせいぜいいつもの空気を読まない言動は謹んでいただきたいです》

     などといった批判コメントが寄せられてしまった。しかし何と、吉岡はこのコメントに対して、
    《嫌な思いをされないように気を付けて出演させていただきます。皆様お忙しいので、たくさんの方にドラマを見ていただくために後輩が番宣をするのはとても大切な仕事です》

     などと反論。放送後にも、
    《どうしても椎名林檎さんへの愛があふれ空気は読めていなかったかもしれません》
     などともコメントし、反論する一方で批判を受け止める姿勢も見せていた。

     「批判を受け止めたように見えるかもしれませんが、アンチコメントにいちいち反論している時点で、内心は納得いかずイラ立っていることが分かります。癒やし系として男性人気の高かった彼女のケンカっ早さや気の強さが垣間見えた出来事と言っていいでしょう」(芸能ライター)

     「スルースキルがない芸能人はSNSをやるべきではない」という定説を体現した?


    (出典 wjn.jp)

    https://wjn.jp/sp/article/detail/5167662/


    【【芸能】吉岡里帆“SNS”で反論そして嫌われる⁉︎】の続きを読む


    松井珠理奈、メイク中の胸元が無防備すぎる 「これはヤバい」 - ニフティニュース
    SKE48の松井珠理奈(22)が27日、自身のインスタグラムを更新。メイク中の写真を公開し、その時の様子が「色っぽい」と話題になっている。□ふとした瞬間の一枚同日、「 ...
    (出典:ニフティニュース)


    松井 珠理奈(まつい じゅりな、1997年3月8日 - )は、日本のアイドル、女優であり、女性アイドルグループSKE48チームSおよび派生ユニットラブ・クレッシェンドのメンバーである。AKB48の元兼任メンバー。愛知県出身。アービング所属。 7月31日、『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数2
    66キロバイト (8,562 語) - 2019年9月1日 (日) 06:04



    (出典 img.barks.jp)


    無防備?って言うか見せてるだけですよね

    1 砂漠のマスカレード ★


    (出典 news.nifty.com)


    SKE48の松井珠理奈(22)が27日、自身のインスタグラムを更新。メイク中の写真を公開し、その時の様子が「色っぽい」と話題になっている。

    ■ふとした瞬間の一枚

    同日、「メイク直し中」のコメントとともに、「#privacy #オフショット #ファーストアルバム…」と数々のハッシュタグを付けて写真を投稿した松井。

    どうやら、彼女が年内にリリース予定の、初のソロアルバム『Privacy』に関わる撮影の際に撮られた一枚のようだ。オフショットというだけあり、表情にはいつもの笑顔はなく、素のような雰囲気が漂っている。

    View this post on Instagram
    メイク直し中? #privacy #プライバシー #オフショット #松井珠理奈 #ファーストアルバム #KMTダンス #8月28日から配信開始 #ライダースジャケット #好き #同じ横顔なのに前の写真と全然違う

    A post shared by 松井珠理奈 (@jurinamatsui3) on Aug 27, 2019 at 1:59am PDT

    関連記事:松井珠理奈、大胆行動でイメージ激変 ファンも驚き「マジか…」

    ■美ボディに絶賛

    松井の凜とした雰囲気も素敵だが、それ以外にもメイク時の格好にも注目が集まっていた。

    グリーンのライダースジャケットを羽織っており、その中の黒のトップスが顔を覗かせる。トップスの胸元はV字に大きく開いており、それにより彼女の胸元が大胆に露わに。
    「かっこよさ」と「色っぽさ」を増した松井に、投稿には多くの絶賛の声が相次いだ。

    「ヤバい! 色っぽい」

    「胸おっきくなったん?」

    「これはヤバい 本当に今の体型が個人的には1番好きだよ」

    「インスタ映えする美ボディー」

    ■色気のある女性は好き?

    爽やかな笑顔が特徴的な松井なだけに、今回見せた大人の色気は大きな反響を呼ぶ事態に。

    ちなみにしらべぇ編集部が全国20代~60代の男性762名を対象に「色気のある女性が好きか」について調査した結果、半数以上の人が「好き」と回答。
    また、50代を除き、年代が上がるにつれその割合も高まることも判明した。

    普段とのギャップで多くのファンを悩*た松井。これは今後の投稿にも注目が集まること間違いなさそうだ。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162151579/
    2019年08月28日 06時30分 しらべぇ


    【【芸能】松井珠理奈、メイク中に胸元を見せつける。】の続きを読む

    このページのトップヘ