白モフのトレンドNEWS

今すぐ知りたい速報芸能ネタ
話題のニュースとスポーツ
明日から役立つ雑学
面白ネタ
をご紹介してゆきます!

    カテゴリ: 恋愛


    婚活動(けっこんかつどう)は、結婚するために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。 日本においては、結婚を目指して恋愛相手を自力で探したり、見合いや結婚相談所を利用したりすることは2000年代以前から行われていた。「婚活」は就職活動(就)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語である。言葉
    24キロバイト (3,523 語) - 2019年12月2日 (月) 03:13



    (出典 www.rapport-anchor.jp)


    結婚のハードル飛び越えて。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/04(土) 05:33:31.56

    理想の相手と出会い、幸せな結婚をするにはどうすればよいか? そんな女性の悩みに答えるのは、経営者で著書『マーケティング恋愛4.0』で知られる中里桃子さんだ。36歳にして「計画的スピード婚」を成功させた中里さんは、結婚相手の条件から「年収」を外したという。その理由とは、そして年収以上に大切な条件とは? 中里さんが語る。

    これまでの恋愛を振り返る

    36歳の誕生日まであと3ヶ月……、というタイミングで、私は結婚したいと思って付き合っていた彼と別れました。

    30歳から婚活を始めて5年。

    春に付き合いはじめ、年末に雲行きが怪しくなり、春がくる前に別れを迎える。
    そんなサイクルを5回繰り返していたのです。

    この魔のサイクルを、なんとかして抜け出さなくてはならない…!

    そう考えた私は、周囲の男性にヒアリングを行い、これまでの恋愛を振り返ってみることにしました。


    私の周りにいる男性は、できるビジネスパーソンや起業家が多く、彼らのほとんどが、好きになった女性を自分で落としにいく“ハンタータイプ”でした。

    でも私は、ハンターな彼らの目の前にいるにも関わらず、落としにかかられていません(笑・ハンタータイプと付き合ったこともありましたが、結局、結婚には至っていません)。

    ハンタータイプの男性は、仕事ができ、行動も発言もスマートで金払いも良く、年収1000万円超の人も少なくありません。彼らと一緒に仕事をしたり、行動していた私は、男性を見る目が肥えてしまっていました。



    しかし、彼らは私の夫にはなっていません(※ここ重要)。

    環境が良いと、自分のレベルを勘違いしてしまいそうになりますが、彼らは「私の身の回りにいる」だけ。相手は私が付き合えるレベルの男なのか、彼らに結婚を申し込まれてきたか、という現実を、私は直視しなくてはなりませんでした。

    ちなみに、かつて私が付き合ってきた男性も、年収600万円以上どころか、800万円や1000万円以上の男性もいました。

    でも、私はプロポーズされていません(※再び、ここ重要)。

    年収が高い男は「いい男」か

    次に、これまでお付き合いしてきた男性を振り返ってみました


    まずは、起業している男性。もともとは、私自身が夢を追いかけて起業しているので、一緒に夢を語れる起業家の男性が好きでした。でも、そういった男性にとっては夢が1番、友達が2番、趣味の後に私(彼女)、という順番。

    そして、夢を追う男性は、その夢がひと段落するまで、なかなか結婚に目が向きません。また、彼の事業のアップダウンによってテンションが乱高下し、それに振り回される生活は、もう嫌だと思いました。

    起業家でも、会社員でも、年収1000万円以上の男性と付き合っていた場合も、彼らの収入のほとんどは、自身の遊興費や趣味、自己啓発等に消えていました。



    思い返せば、高い年収を稼ぐことと引き換えに、デートが延期になったり、ストレスで機嫌が悪かったりすることはあっても、私は大してその恩恵を受けてはいませんでした。

    さらに年収の高い男はモテるという自負があるので、2人の間にトラブルがあると、別の女性や仕事に逃げてしまいます。

    そして、そもそも、美の下降線をたどりはじめた30代半ばの今の私が、若かった頃の私と付き合っていたような男性と、またお付き合いできるのか。ましてや、これまでなかった結婚を申し込まれるのか……。私は、その現実を直視しました。

    つまり、帰納法的に考えると、今の私の周りにいるタイプの男性たちを相手に恋愛をしても、結婚に至るのは難しいと結論せざるを得ませんでした(帰納法:さまざまな事実や事例から導き出される傾向をまとめ、結論につなげる論理的推論方法)。


    全文はソース元で
    2020.1.3
    gendai
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69242


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    【【社会】相手の条件から「年収」を外したら、36歳でもスピード婚できた】の続きを読む


    婚活動(けっこんかつどう)は、結婚するために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。 日本においては、結婚を目指して恋愛相手を自力で探したり、見合いや結婚相談所を利用したりすることは2000年代以前から行われていた。「婚活」は就職活動(就)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語である。言葉
    24キロバイト (3,523 語) - 2019年12月2日 (月) 03:13



    (出典 googirl.jp)


    賛否両論な案件(´・ω・`)

    1 ばーど ★ :2019/12/16(月) 05:22:36.03

    婚活を10年近くしていても上手くいかない理由は、単にご縁がなかったのか、理想が高すぎるのか。なかなか難しい問題です。ヤフー知恵袋に11月末、「婚活中の38歳です。ご意見聞かせてください」という女性からの相談がありました。

    30代前半から婚活を続けており、知人の紹介を受けたり、結婚相談所などを訪れたりと出会いを求めていますが、まったく上手くいかないという相談者。本人は「156cm52kgで若い頃から歌手のYUKIさんに似てる」と言われ、年齢より幼く見えるといいます。相手に望むこととしては


    「自分より前後5歳程度で、年収もその年齢の平均額、できれば見た目も良い人がいいですが贅沢は言っていられないので妥協します」

    とのこと。その程度なので理想が高いわけではないと思うのに、上手くいかないと思い悩んでいます。(文:篠原みつき)


    相談員「客観的に見て釣り合いが取れているんです。私たちはプロですから」



    先日は、結婚相談所で42歳の公務員を紹介されましたが、お断りしたそうです。収入や人柄は問題なかったものの、外見が「頭髪も寂しく体型もややぽっちゃりの中年そのもので、この人と道を歩けるかな?と考えたら無理でした」と正直に印象を綴っています。

    しかし、相談所にそれを伝えると、少し批判されたそう。担当者は「年齢的に見た目の衰えは仕方がない」「相談所としてはお互いの希望理想と、夫婦になったときを想像し釣り合いがとれるような方たちを紹介している」などと説いてきたそうです。

    カチンときた女性は相談員に、あの男性と自分は「釣り合いが取れるとは思えません」と伝えましたが、


    「客観的に見て釣り合いが取れているんです。私たちはプロですから」

    とダメ押しされてしまいました。

    悶々として、腹立ちまぎれにSNSに書き込みをすると、今度は「勘違いするなババア」などと非難されたそう。ますますイライラが募った女性は「望むことは悪いことなんでしょうか?」と訴え、知恵袋に意見を求めました。


    「一緒に道を歩けない」レベルの相手と結婚して幸せになれるのか


    この相談は注目を集め、閲覧数は2万8000回以上、回答も多数寄せられました。多かったのが「年収と見た目まで問うあなたは高望みしている」「婚活市場の現実を知りましょう」といった厳しい意見です。


    「残念ながら、38歳という実年齢が貴方の婚活市場での価値を下げているのです」
    「貴女が望むイイ男は30歳までに婚活市場から姿を消します」
    「YUKIさんに似ていると言われていたのは若い頃です。今YUKIさんに似ているではないのですよ」

    といったツッコミが大半でした。「その42歳公務員の人はむしろあなたから見て『優良物件』なのです」という指摘も。確かに給与や休日が安定している公務員は、結婚相手として人気の職業です。「公務員男子」のみを対象にした婚活パーティーもあるぐらいです。

    とはいえ、「一緒に道を歩けない」ほどの相手を無理に薦めることは誰にもできません。付き合っていくうちに慣れて受け入れてしまう可能性も十分ありますが、生理的に受け入れられないレベルの相手であれば結婚してから苦しいかと思います。

    この相談のベストアンサーは「自分がイイと思った人と交際して、結婚するのが一番です」というものでした。結婚相談所はなんとか一緒になってもらうのが仕事なので、気にしないようにと助言しています。

    相談者は補足として、「私の年収は420万プラス残業代と年2回の賞与です。貯金は700万ほどです」と付け加えており、それだけの収入があれば「まぁ一人でも楽に暮らせるし良いんじゃないですか?」といった意見もありました。もし、相手の見た目で「同じ道を歩けない」と思うことが続くなら、一人で歩いて行くのも一つの道かもしれません。

    2019年12月14日 8時0分
    キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17524733/



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【話題】賛否両論 38歳婚活女性、42歳公務員を紹介されるも 「見た目が中年そのものでお断りしました」 】の続きを読む


    熟女(じゅくじょ) 中年以上の熟年の女性。年齢で定められてはいない。 熟女 (アダルトビデオ) - 熟女女優を起用したアダルトビデオ作品のジャンル。人妻モノなど、女優単体、企画物ともに多く発売されている。人妻設定=熟女というカテゴライズから出演女優に20代も多く、上記の意味合い以上に年齢に幅がある。
    645バイト (82 語) - 2019年11月9日 (土) 03:24



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    アラフィフの恋は厳しい道のり?

    1 みなみ ★ :2019/11/17(日) 14:17:36.59

    11/17(日) 13:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00010003-suitsw-life

    私、清葉アキ子は現在45歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

    アラフィフは“熟女”なの?

    清葉アキ子、ただいま45歳。あと数か月で46歳になる。

    アラフォーと自称するには躊躇し自粛しているが、アラフィフにひとくくりされるのはちょっと抵抗感が。まあ、いずれにしても、“熟女”ってことには変らないか……。

    そんな私に「君は“熟女”じゃないよ!」とある男性が言ってきた。彼いわく「“熟女”というのは28~34歳くらいの女性のことを言うのだから!」。

    彼が力説する“熟女の定義”はなにによるものなのか?どうやら、かつて足を運んでいた「熟女キャバクラ」だか「熟女スナック」だかでは、働いている女性は全員“28~34歳”とされていたことによるようだ。

    アラサーというか20代までもが“熟女”となると、45歳の私は、熟して熟して熟しすぎて腐ってしまった“腐女”ってことになるではないか!そう彼にちょっと怒った風に訴えたら、「“腐女”?いやいや、そこまできたら、オンナでもないし、形がなくなってるんだから人間でもないんじゃな~い!?(笑)」とと軽~く笑い飛ばされた……。あぁ、なんてひどい。二度と会わないっ!! 

    以下ソースで


    (出典 joshi-spa.jp)


    【【社会】アラフィフ婚活女の叫び、“熟女”だってオンナなのです!】の続きを読む


    類される。福島は、ストーカー一般の特徴として、『被愛妄想(エロトマニア)』という言葉を挙げている。福島は、自分が相手を好きという感情は、どんなに強くても恋愛感情であって恋愛妄想ではない、妄想とは、証拠・根拠がないのに相手が自分を好きであると信じる、逆に相手が自分を嫌っている証拠・根拠があっても相手が
    35キロバイト (4,801 語) - 2019年8月27日 (火) 11:17



    (出典 kyoushi.xyz)


    親子ほどの年の差。
    これは慎重にならないといけませんねぇ。。

    1 みなみ ★ :2019/11/12(火) 20:04:01.42

    2019年11月12日 7時1分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17366929/

    先日、「彼女いない歴20年、46歳独身男性の『19歳のコンビニ店員を本気で好きになってしまいそうで怖い』という悩み」という記事をキャリコネニュースに掲載した。

    男性は、コンビニ店員の女性と仲良くなり、食事に行けそうなのだという。女性から「ホッとする、安心感がある」と言われており、「多分その子に恋愛感情はない」というが、「僕が本気で好きになりそうで馬鹿になりそうでとても怖いです」と悩んでいる。

    この相談に回答者は「年の差があっても好きになることは自由」と肯定しながら、「"安心感がある"という相手の信用を損なわないでほしい」と答えている。キャリコネニュースは読者に「男性はアタックすべきか否か」を聞くと、200件以上の回答が集まった。その内容を紹介する。

    40代男性「年なんて気にしないで遊べばいい。ガンガン行こうぜ」

    キャリコネニュース読者(238人)に相談者の男性は19歳のコンビニ店員にアタックすべきかを聞くと、「やめておくべき」(69.7%)が「アタックすべき」(30.3%)を大きく上回る結果となった。

    また男女別に見ると「アタックすべき」という回答は男性では45%と約半数だったが、女性では12.1%しかいなかった。具体的なコメントとして、男性からは、

    「相手の女性は、大人の男性だからと安心してしかもお客様として接していると思います」(40代)
    「『相手には恋愛感情はない』 を前提にすべき。あくまで『年上の話がわかる、いいお友達』ポジションをめざしましょう」(50代)

    以下ソースで



    (出典 townwork.net)


    【【社会】46歳独身男性が仲良くなった19歳コンビニ店員に恋心アタックするべきなのだろうか?】の続きを読む


    婚活動(けっこんかつどう)は、結婚するために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。 日本においては、結婚を目指して恋愛相手を自力で探したり、見合いや結婚相談所を利用したりすることは2000年代以前から行われていた。「婚活」は就職活動(就)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語である。言葉
    23キロバイト (3,484 語) - 2019年9月13日 (金) 17:12



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    アラフィフの婚活事情。

    1 みなみ ★ :2019/10/31(木) 19:14:05.41

    10/31(木) 5:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00310735-toyo-soci

    結婚相談所は、そもそも結婚をしたい人たちが登録する場所。そこで婚活をすれば、すぐに結婚できるに違いない。そう思って、相談所の門戸をたたく人たちは多い。ところがなかなか結婚できずに、お見合いを繰り返している人たちがいる。なぜうまくいかないのか? 
    仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性」のストーリー。そして、彼は……。

    ■真剣交際に入っていた女性から、突然交際終了

     「昨夜は早々と寝てしまったので、送っていただいたLINEを今読みました。朝から吐きそうです」

     竹内昌平(仮名、45歳)から、朝の8時にLINEが入ってきた。真剣交際に入っていた吉田真知子(仮名、42歳)の相談室から、“交際終了”の連絡が来ていたので、昨夜添付して知らせた。それを出勤前に読んだようだ。

     真知子の仲人からのメールには、こう書かれていた。

     「真剣交際に入り、結婚を視野に入れてのお付き合いをさせていただいておりましたが、『どうしても一緒に生活するイメージが持てない。気持ちがついていかない』とのことでした。面談をして説得しましたが、『交際を終了したい』という気持ちは変わることがありませんでした」

    以下ソースで


    (出典 www.junmarriage.com)


    【【社会】婚活6年もやってるのに結婚出来ない男性。】の続きを読む

    このページのトップヘ