白モフのトレンドNEWS

今すぐ知りたい速報芸能ネタ
話題のニュースとスポーツ
明日から役立つ雑学
面白ネタ
をご紹介してゆきます!

    カテゴリ: 仕事


    パーソナルコンピュータ(英: personal computer)とは、個人によって占有されて使用されるコンピュータのことである。 略称はパソコンまたはPC(ピーシー)。  パーソナルコンピュータは個人向けの大きさ・性能・価格を持ち、エンドユーザが直接操作できるように作られた汎用的なコンピュータである。
    58キロバイト (6,701 語) - 2019年6月28日 (金) 14:15



    (出典 ddnavi.com)


    素朴な疑問だと思う。

    1 rain ★ :2019/11/04(月) 12:35:38.19

    「パソコンがない時代って、どうやって仕事していたの?」という若い世代の素朴な疑問を投げかけた投稿が話題になっている。 「そりゃあ、手書きで文書を作り、定規で製図をしていたよ」「そろばんはじいて見積書作っていたな」と、アナログ世代は郷愁をそそられている。

    話題になっているのは、2019年10月20日に「はてな匿名ダイアリー」という疑問お答えサイトに載った、次の投稿だ。

    「パソコンがない時代って、どうやって仕事していたの? 自分の仕事はパソコンのない時代にはそもそもないんだけど、他の仕事も含めてどうやって仕事していたのか想像つかない。効率の悪さがすごそう」

    日本にパソコンが普及し始めたのは、1995年にWindows95が発売されてからだ。オフィスの隅々にまで行きわたったのは2000年ごろからといわれる。だから、パソコンをまったく使わないで仕事をしていたのは、40代前半から後半以上の世代ということになる。

    この投稿には、次のようにしみじみ回顧する回答が寄せられた。

    「地方の未知の小都市に出張する時は、昭文社の都道府県地図帳を買って地理を把握して、時刻表で行き方を決めて、図書館で行き先のタウンページを見て適当なビジネスホテルの見当を付けて、電話して宿代確認して予約していましたね」

    今はパソコン画面の操作ですべて済むが、出張の準備一つをとってもいろいろと大変だったのだ。

    パソコンがない時代の仕事ぶりを、具体的に細かく説明する人もいた。

    ・直接取引先に行って用件とかの話を聞く。
    ・そのため移動に費やす時間がやたら多い。
    ・比較的に簡単な用なら電話で取引先と話をする。
    ・昭和末期ごろになると連絡にFAXも使用。
    ・紙の書類に手書きで発注書とか領収書とか会計書とか資料とかを作る。
    ・顧客情報とかは、個人の手帳やメモに記録されるから共有されない。
    ・だから『あの案件、あの顧客は××さんじゃないとわからない』というケースが多い。
    ・メールがないから、連絡→返答→また返答の間隔はすごく時間がかかる。
    ・上司とも取引先とも直接に話すことが多いから、コミュニケーション力が絶大に要求される。
    ・このため、声が大きく、上下関係を重んじる体育会系ばかりが重用される」

    以下ソースで
    https://www.j-cast.com/kaisha/2019/11/04371426.html



    (出典 navi.dropbox.jp)


    【【社会】「パソコンがない時代、どうやって仕事していたの?」が大反響 郷愁にかられるアナログ世代 ★2】の続きを読む


    収入 (年収からのリダイレクト)
    法上に定める所得とは異なる。本節では所得についても述べる。 期間については、1ヶ月、1年を基本とすることが多く、それぞれの総額を月収(げっしゅう)、年収(ねんしゅう)と呼ぶ。 雇用されている個人(給与所得者) 労働の提供の対価として、給与・賞与ないし雇用上の福利厚生に関する給付等がこれにあたる。 事業性個人(自営)
    16キロバイト (2,406 語) - 2019年9月3日 (火) 15:51


       

    【調査】
    読む本のジャンルによって違うのは?

    1 ガーディス ★ :2019/10/27(日) 12:58:23.68

    2019年10月27日 12時0分
    なお調査は、2019年8月に首都圏(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県)に住む計481人のビジネスパーソン男女を対象にインターネットを通じて行われた。うち1000万円プレーヤーは256人、平均年収層は225人。

    年収1000万円以上稼ぐ人は、そうではない人とどこが違うのか――。それは「本をよく読み、漫画は読まない」という非常にシンプルな差にあることがわかった。

    年収1000万円以上の人は、平均的年収である年収400~500万円未満の人に比べ、「ビジネス書を3倍以上読み、漫画は8分の1以下しか読まない」という調査結果がまとまったのだ。

    毎月読む冊数に差はないが、ジャンルに大きな違い
    2019年10月24日に「いまどき1000万円プレーヤーの読書事情調査」を発表したのは、総合人材サービスのパーソルキャリアが運営するハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」(アイエックス)だ。読書の秋にちなみ、年収1000万円~1100万円未満 のビジネスパーソン(1000万円プレーヤー)と、平均的年収である400万円~500万円未満のビジネスパーソン(平均年収層)を対象に、読書事情を比較調査した。

    まず、それぞれに1か月で読む本の冊数を聞くと、両者ともに「読まない」が最多となった(1000万円プレーヤー36.6%、平均年収層44.6%)。しかし、読む人を合計すると、1000万円プレーヤーは63.4%、平均年収層は55.4%となり、1000万円プレーヤーのほうが本を読む習慣のある人が多かった。冊数については両者とも1冊が多く、おおむねあまり本を読まない傾向にあった=グラフ1参照。

    ところが、よく読む本の「ジャンル」について聞くと、両者にはっきりした違いが出た。1000万円プレーヤー、平均年収層ともに「小説」と答えた人が最も多かった。しかし、「ビジネス書」をよく読むと答えた割合が、1000万円プレーヤー(26.6%)が平均年収層(8.5%)の3倍以上に達した。一方、「漫画」をよく読むと答えた人は、1000万円プレーヤーは2.3%しかおらず、平均年収層(20.0%)の8分の1以下にとどまっていた=グラフ2参照。

    やはり、漫画を読む時間があるならビジネス書をしっかり読む。このビジネスパーソンとして当たり前の心がけが年収アップにつながっているようだ。

    本を読む場所も電車やオフィスのスキマ時間に
    その読書時間の生み出し方でも両者の間に明確な差が表れた。本をどこで読むかを聞くと、1000万円プレーヤーは平均年収層と比べて、「公共交通機関」(電車、バス等)と「オフィス」と回答する人が多かった(それぞれ24.1ポイント増、7.0ポイント増)。一方、平均年収層は「自宅」という答えた人が1000万円プレーヤーより4.1ポイント高かった=グラフ3参照。1000万円プレーヤーは、移動や仕事のスキマ時間を有効活用して貪欲に情報を吸収している人が多いことがわかる。

    今回の結果について、「iX」統括編集長の清水宏昭さんはこう語っている。

    「1000万円プレーヤーは読書習慣のある人が多く、平均年収層に比べてビジネス書をよく読むことが明らかになりました。

    全文
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17292822/

    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 next.rikunabi.com)


    【【読書調査】年収1000万円の人には理由がある?】の続きを読む


    社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤も厭わない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。
    3キロバイト (259 語) - 2019年9月26日 (木) 08:42



    (出典 dthezntil550i.cloudfront.net)


    日本の社畜ドキュメント。

    1 記憶たどり。 ★

    https://www.j-cast.com/kaisha/2019/10/06369305.html?p=all

    日本の若いサラリーマンの1日に完全密着して、英語で紹介したYoutube動画が、海外で大反響を呼んでいる。
    日本人の目から見ると、どこにでもいる平凡な会社員の、フツーの働き方なのだが、外国人の目には異様に映るようだ。

    「働きすぎだ!」
    「これはホラー動画か?」
    「見ているだけでウツになりそう」

    と、極めて評判が悪い。いったいどんな動画で、何が問題になっているのか――。


    (出典 www.j-cast.com)

    昼食は職場でコンビニのパン(日本のサラリーマンの1日に完全密着!動画より)

    ■シャワーも浴びずに出社、昼食はコンビニのパン

    話題になっているのは、「【密着シリーズ】日本のサラリーマンの1日に完全密着!」という約11分の動画だ。

    (出典 Youtube)
    &feature=youtu.be

    これまでもコスプレギャルや新幹線の弁当、陶芸など、日本の文化を数多く紹介してきた、
    日本在住15年の米国人ユーチューバーPaoloさんの「日本紹介密着シリーズ」の一つだ。
    今年7月にYoutubeにアップされてから10月4日現在、世界中で365万回も視聴されている。

    密着の相手は、東京都内の通信会社に勤める27歳の男性マコトさん。

    朝7時起床。わずか15分で身支度を整え、朝ご飯抜きで家を出る。

    Paoloさん「シャワーも浴びないのか」

    マコトさん「いつもそうです」

    駅まで「MAMACYARI」(ママチャリ)を走らせる。駅の階段を二段跳びで駆け上がる。エスカレーターの右側を急いで上る。

    Paoloさん「日本のエスカレーターは右側を開けておくのがルールだ。もちろんマコトはいつも右側を使う」

    会社まで電車で30分。マコトは途中で2回乗り換えた。

    Paoloさん「30分の乗車時間は普通のサラリーマンの半分以下だ。マコト、電車の中はどうだった?」

    マコトさん「人がたくさんいた。日本はいつもこんな感じです。いつも我慢していますよ」

    会社についたのは午前8時20分。9時~6時の勤務なのに、誰よりも早く40分も前に着いた。従業員は5人しかいない。

    マコトさん「僕が一番若いですから、仕事の準備をしておかないと」

    Paoloさん「人数が少ないってことは、それだけいろいろなことを任され、責任も大きいということだよな。だから早く出てくるんだろう、マコト?」

    マコトさんはうなずく。8時50分、若い女性が2人出社。インターンの学生だ。彼女たちにコーヒーを入れるマコトさん。
    彼女たちの指導も仕事なのだ。9時から12時まで、電車を乗り継ぎ、2件の取引先に向かう。

    Paoloさん「日本では、電話で済む話も直接会うことが多いんだ。人間関係を築くことが大事っていうわけだな。
    ところでマコト、電車を乗り継ぐのは大変だろう、なぜタクシーを使わないんだ?」

    マコトさん「いつも電車だよ。ボスからタクシーは使うなって言われている」

    12時。マコトさんは会社のビルの1階にあるコンビニで、昼飯のパンを買う。職場に戻り、パソコンでメールをチェックしながらパンを食べる。

    Paoloさん「1階にコンビニがあるのは便利だな。マコトの昼飯を邪魔したくないからビルを探検しよう。ワオ~、廊下の先にキッチン
    (編集部注・給湯室)があるぜ。料理でも作るのかな?」

    ■「おっと、『MEISHIKOKAN』(名刺交換)が始まったぞ!」

    午後、マコトさんはボスと一緒に取引先の大手通信会社に向かう。もちろん電車だ。先方に着いて挨拶を交わしあう。

    Paoloさん「日本ではちゃんとした会議の時は複数で出かけるが決まりだ。10人の時もあるぞ。
    おっと、『MEISHIKOKAN』(名刺交換)が始まったぞ! 名刺交換は大切な儀式だ。名刺がないと、ちょっと恥ずかしいぞ。
    ルールがいろいろある。両手で大事そうに受け取る。会議の間はテーブルに置いておく。今度、名刺交換の特集をするから期待してくれ」


    (出典 www.j-cast.com)

    大事なビジネス儀式「名刺交換」

    会議が終わり、マコトさんとボスはエレベーターの中に入る。取引先メンバーがその前で見送り、深々と頭を下げる。

    Paoloさん「エレベーターの扉がピッチリ閉まるまで、頭を上げてはいけないんだ」


    【【悲報】日本のサラリーマンの密着Youtube動画見た海外で反響『働き過ぎ』『ホラー』『うつになる』などの声】の続きを読む


    漂流・漂着ごみ (カテゴリ 社会問題に関するスタブ)
    こうした動きに対応するため、日本化学工業協会など5つの業界団体が2018年9月7日、「海洋プラスチック問題対応協議会」を設立した。 2018年にカナダで開催された主要国首脳会議(44th G7 summit)において海洋プラスチック憲章を採択した。合意文書に日米が署名しなかったことで国際的な非難が高まった。
    16キロバイト (2,290 語) - 2019年6月29日 (土) 21:08



    (出典 yamagata.seikatsuclub.coop)


    プラスチック問題。
    ぶっちゃけこんな事くらいでなんとかなるものなの?

    1 チンしたモヤシ ★

    日本企業の底力 世界の海を救うかもしれない、世界初の2つの技術
    財経新聞 2019年10月6日 19:52
    https://www.zaikei.co.jp/article/20191006/534096.html

    地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある

    (出典 www.zaikei.co.jp)



     地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある。

     環境省が2月に公表した「平成30年12月環境経済観測調査(環境短観)」によると、
    景気が「良い」と回答した企業の割合から「悪い」と回答した企業の割合を差し引いた値、いわゆる業況判断指数・DI は24。
    一方、日本銀行がほぼ同時期に調査した「全国企業短期経済観測調査(短観)」では、全規模合計・全産業の業況判断DIは16であることから、
    全産業の状況と比べて環境ビジネスはすこぶる好調と考えられるだろう。

     ひとくちに環境ビジネスといっても、その内容は様々だ。代表的なものでは、
    CO2の排出が少ない電気自動車や、太陽光発電や蓄電池などを利用した再生可能エネルギー分野が思い浮かぶ。
    そして世界中で最も関心が高く、求められているのが、海洋プラスチック問題を解決する方法だ。

     今、世界の海には恐ろしい量のプラスチックが漂っている。その事実が注目されるきっかけとなったのは、
    2016年にスイスで開催された世界経済フォーラムの年次総会であるダボス会議だ。
    その席上で、2050年の海では、すべての魚類の重量よりも海中を漂うプラスチックの重量の方が上回ってしまうという衝撃的なデータが発表されたのだ。

     プラスチックごみが適切に処理されずに海へと流出し、それが波に打たれたり、紫外線を浴びて劣化し、「マイクロプラスチック」と呼ばれる直径5ミリ以下の微粒子になる。
    これが魚などの体内に取り込まれ、最終的に私たちの食卓に並ぶとどうなるかは言わずもがなだ。
    しかも、このマイクロプラスチックには有害物質を吸着しやすい性質があるとも言われている。
    このまま汚染が進めば、生態系や私たちの健康に被害が及ぶのは避けられないだろう。

     しかし、一度海に流出してしまうと、それを回収するのは至難の業。そこで、これからの対策として重要視されているのが「脱プラスチック」だ。
    プラスチックの代替品などを利用することで、プラスチックごみの排出量そのものを激減させようという考え方だ。

     今年6月に開催されたG20 大阪サミットや関係閣僚会合でも、この問題は大きく取り上げられ、解決策が話し合われたとともに、
    会場に併設された企業ブースなどでは、海洋プラスチック問題解決に役立つ日本の技術が紹介されて話題を呼んだ。
    その中でも抜群の存在感を示したのが、木造注文住宅メーカーのアキュラホームが独自に開発した「木のストロー」と、
    化学メーカーのカネカ〈4118〉による植物由来の原料から作られた「生分解性プラスチック」だ。

     アキュラホームの「木のストロー」は、木造住宅建築に用いるカンナ削りの技法を応用して作られ、世界で初めて量産に成功したものだ。
    G20のプレスセンターなどで配られると、プラスチック問題解決はもとより、日本独特の繊細な技術と美しさに感嘆の声が上がっていた。
    あまりの人気ぶりに、政府もその後、内閣府政府広報室が政府関係者や国際機関、海外投資家などに向けて発行している冊子
    「We Are Tomodachi」の中でも大々的に紹介するなど力を入れている。

     また、カネカが開発に20年近くの年月をかけた生分解性プラスチック「PHBH」も、こちらもやはり世界初。
    G20の会場で実際にごみ袋として使用されたり、「G20イノベーション展」ではネームプレートにも活用されている。
    カネカのPHBHが優れているのは、自然の土壌はもちろん、海水中でも生分解される点だ。
    これまでにも、ポリ乳酸などの生分解性プラスチックは存在したが、処理施設内の50~60℃という高温環境でなければ生分解されなかった。
    しかも、従来の石油由来のプラスチックと遜色のない質感と、幅広い用途への加工が可能。世界中でこの技術が活用される日もそう遠くないだろう。

     メイドインジャパンは何も、自動車や電化製品だけのものではない。
    日本企業の高度な技術力と創意工夫こそが、日本的ビジネスの真骨頂だ。そ
    こから生み出されたものが、世界の海を救うかもしれない。(編集担当:藤原伊織)


    (出典 aqura-fukuyama.jp)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【地球環境】日本企業の技術力が世界の海を救う可能性!】の続きを読む


    台風15号で浮き彫り、日本人の「社畜マインド」の根深さ - ダイヤモンド・オンライン
    台風15号が改めて浮き彫りにした、日本人サラリーマンの「社畜体質」。そこまでして出社する必要もないのに、駅に向かう長蛇の列に並び、地獄絵図と化した満員電車に揺 ...
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)


    社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤も厭わない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。
    2キロバイト (257 語) - 2019年9月12日 (木) 10:31



    (出典 i.ytimg.com)


    日本人だけ?
    いいかげん根性論やめにしませんか。

    1 みなみ ★

    2019-09-13 15:12
    http://news.searchina.net/id/1682582?page=1

     観測史上最大の台風15号が去った。各地で甚大な被害をもたらし、引き続き復旧作業が行われているが、台風が上陸した9日の朝、首都圏では通勤できない人で駅が溢れたが、海外から見ると理解しがたい光景のようだ。なぜ日本人はどんなときでも会社に行こうとするのかを問う記事を、中国メディアの凱迪が報じた。

     記事では、一つ目に、日本人は会社の「規則」に忠実であるからだと述べた。悪天候の日や電車が遅延している日は予め早めに出社し、台風が近づいていても重要な仕事があれば前日に会社付近のホテルに宿泊する人もいる。また、電車が遅れて終業時刻に間に合わなそうならば、駅で発行される遅延証明書の提出をもって、遅刻とは見なされないこともあるとした。

     そして、二つ目の理由として、「みんな、そうしているから」という“同調圧力”が挙げられた。例えば首都圏ではエスカレーターは左側の一列に並び、関西など地域によってはその逆もあるが、周りがしていることに倣うことが重視されている。

     最後に、日本人は「本音と建前」があることを、記事では男性の育児休暇になぞらえて紹介した。企業が男性社員にも育児休暇の制度を取り入れたとしても、社員は建前だけと受け止め、会社として本当は休暇の取得には前向きでないのでは、と感じる人がいるなど、本音と建前の見極めが難しいと述べている。

    以下ソースで


    (出典 girlshour.net)



    (出典 ebishoku.up.seesaa.net)


    【【中国メディア】勤勉過ぎる日本人!台風や大雪でも会社に行こうとする。】の続きを読む

    このページのトップヘ