白モフのトレンドNEWS

今すぐ知りたい速報芸能ネタ
話題のニュースとスポーツ
明日から役立つ雑学
面白ネタ
をご紹介してゆきます!

    カテゴリ: ショッピング


    消費税(しょうひぜい、英: consumption tax)は、消費に対して課される租税。1953年にフランス大蔵省の官僚モーリス・ローレ(フランス語版)が考案した間接の一種であり、財貨・サービスの取引により生じる付加価値に着目して課税する仕組みである。 消費した本人へ直接的に課税する直接消費税
    28キロバイト (4,341 語) - 2019年10月1日 (火) 08:57



    (出典 creditcard-geeks.com)


    いよいよ今日から消費税10%です。
    何がお得?

    1 rain ★

    消費税率が10%に引き上げられた1日、同時に始まったキャッシュレス還元によって、増税前よりも買い物が「安くなった」という声がSNSに多数寄せられている。

    購入金額が安くなるのは、経済産業省が進める「キャッシュレス・ポイント還元事業」を活用した場合。電子マネーやQRコード決済、クレジットカードを使って支払うと、対象の中小店舗では5%、大手のフランチャイズ店舗では2%還元される。これを活用すると、軽減税率対象で税率8%の食品の持ち帰りは、キャッシュレス還元で最大5%引きとなり、実質負担が3%まで軽減。SNSでは、「むしろ安くなってる」「いつもは100円のコーヒーが98円。もう現金使わない」といった声が相次いでいる。

    さらに、決済事業者が独自の上乗せポイントも展開。QRコード決済では、条件次第で10%以上の上乗せを行う事業者もある。このため、大きな還元を受けるには、どの店がキャッシュレス還元の対象なのか、どのキャッシュレス決済に対応しているかが重要。これらは、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が提供するホームページや「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で確認することができる。


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1001/blnews_191001_6666003891.html


    【【増税】消費税10%でも安くなったよ。その理由は?】の続きを読む


    フォーエバー21が日本から撤退へ 国内店舗とオンラインストアを全閉鎖 - livedoor
    アメリカのファストファッションの「フォーエバー21」は、10月末に新宿や渋谷などにある国内14のすべての店舗を閉店し、オンラインストアも閉鎖することを発表した。
    (出典:livedoor)


    FOREVER 21フォーエバー トゥエンティーワン)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置く、ファストファッションストアチェーン。アメリカ合衆国内のほか、世界10ヶ国に460店舗(2009年現在)を置く。日本での販売業者名はForever21 Japan Trading Company
    22キロバイト (2,964 語) - 2019年9月25日 (水) 02:13



    (出典 xn--cckza0dc5fwa.com)


    ついに日本から撤退。
    受け入れられなかった原因は?

    1 Toy Soldiers ★

    アメリカのファストファッションの「フォーエバー21」は、来月末に新宿や渋谷などにある国内14のすべての店舗を閉店し、オンラインストアも閉鎖することを発表しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190925/k10012098021000.html

    関連スレ
    【ファストファッション】「フォーエバー21」破産申請へ…日本にも10店以上
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567054120/


    (出典 maonline.s3.amazonaws.com)


    【【悲報】フォーエバー21が国内14店舗全て閉店!】の続きを読む


    楽天市場の送料無料ラインは「3980円」、20年2月以降に開始へ - 通販通信
    楽天(株)の三木谷浩史会長兼社長は1日、楽天グループ最大のイベント「Rakuten OPTIMISM」(会場:パシフィコ横浜)の戦略共有会で、楽天市場の店舗で商品を購入 ...
    (出典:通販通信)


    インターネットサービス 市場事業 トラベル事業 その他、国内インターネットサービス 海外事業等 楽天市場楽天Kobo、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天オークション 他 金融サービス クレジットカード事業 銀行事業 証券事業 保険事業 信託事業 電子マネー事業等 楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天Edy、楽天
    68キロバイト (8,584 語) - 2019年8月21日 (水) 11:32



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    無理難題を押し付けるなぁ(´・ω・`)

    1 みつを ★

    【楽天市場】3980円以上の商品をすべて送料無料にするよう通達
    ストーリー by hylom 2019年08月27日 18時32分AmazonはAmazonで問題もあるわけで 部門より
    Anonymous Coward曰く、

    楽天市場が、購入額が合計3980円以上の注文について、すべて送料無料にするよう通達した(読売新聞)。競合であるAmazon.co.jpに対抗する動きとされているが、送料は各店舗が負担する形になるため、店舗側からは利益を確保するための値上げもやむを得ないとの声も出ている。(Togetterまとめ)。

    問題点として、楽天市場のシステムでは「地域別の発送可否」を設定することができず、離島含めてすべて送料無料になってしまうことも挙げられている。購入者が沖縄などであったら、多くのケースで店舗利益は消失することになるだろう。

    なお、この問題を解決する現実的方法が一つある。それはAmazonのFBAマルチチャネルサービスを使うことだ。FBAに納品すれば離島も含めて全国送料一律となるのだから。店舗救済の手はAmazonから差し伸べられた。

    https://it.srad.jp/story/19/08/27/187232/


    (出典 www.tsuhanshimbun.com)


    【【楽天市場】出店者が厳しい!3980円以上の商品をすべて送料無料にするよう通達】の続きを読む


    消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由 - NEWSポストセブン
    お盆休みに観光も兼ねて大型アウトレットモールで買い物予定を立てている人は多いだろう。1993年に日本で初めてアウトレットモールが開業して以降、大型モールは38店( ...
    (出典:NEWSポストセブン)


    問題のない欠格品(いわゆる「半端もの」「訳あり品」「棚ずれ品」など)を処分するために、工場や倉庫の一角に「アウトレットストア」呼ばれる在庫処分店舗が存在していた。 これらの複数メーカーの在庫処分店舗を一堂に集め(モール化)したものをアウトレットモールと
    14キロバイト (1,619 語) - 2019年3月1日 (金) 02:22



    (出典 conte-anime.jp)


    言われてみれば、そんな気がします。
    どうしてなんでしょうね?(・・?)

    1 砂漠のマスカレード ★

    お盆休みに観光も兼ねて大型アウトレットモールで買い物予定を立てている人は多いだろう。
    1993年に日本で初めてアウトレットモールが開業して以降、大型モールは38店(日本ショッピングセンター協会調べ)まで増え、常に賑わっている郊外施設がある一方で、
    すでに閉鎖してしまった施設も出るなど、ブームは一服した感もある。
    ファッションジャーナリストの南充浩氏が、アウトレットモールの現状をレポートする。

     * * *

    日本に初めてアウトレットモールが誕生してから26年が過ぎようとしています。
    じつは開業当初、業界の中にはアウトレットモールに対して否定的な見方をする人が多くいました。
    それは流通業界のライバルであるファッションビルや百貨店、総合スーパー(GMS)だけでなく、商品を企画製造するアパレルメーカーの中にも多くいました。

    例えば、大手アパレルメーカー「ワールド」のアウトレットモール内での店舗名は、なぜか「ネクストドア」という名前で、ワールドを連想する言葉の欠片すら見当たりませんでした。
    これはファッションビルや百貨店などへの気兼ねや忖度からこのような名前にしたと言われています。それほどに当時は流通業からのアレルギー反応が強かったといえます。

    しかし、開業から26年も経って、すでにアウトレットモールは小売り業態のひとつとして認識されており、変な拒否反応や対抗意識を燃やすファッションビルや百貨店も見当たらなくなりました。

    その理由は、アウトレットモールの商品の揃え方、売り方のカラクリが消費者にもバレてしまっているからでしょう。

    20年前のアウトレット店は文字通り「売れ残りの在庫品」ばかりだったので、サイズ欠けや色柄欠けがほとんどでした。
    しかし、今ではどんな種類・サイズの商品も全部ピシっと揃っています。
    テナント出店している大手各社はアウトレット店専用の新商品をわざわざ作っているからです。

    たしかに売れ残り品も入荷しますが、それだけでは売り場は埋まりません。
    1店舗か2店舗しか出していないような小規模ブランドなら売れ残り品だけでも店を回していけますが、アウトレットだけでも10店以上出店しているような有名店は、売れ残り品だけで埋めることは不可能です。
    そのため、必然的に専用商品を作らねばなりません。

    つまり、現在はアウトレットとは言いながらも、アウトレット品も含めた低価格店舗というのが実態で、大手ブランドになればなるほどその傾向が強まっています。

    20年前は郊外に大型アウトレットモールができれば、周辺道路が大渋滞を起こすほど人が押し寄せ、いくつかの施設はいまだに混雑していますが、
    そうではない施設も出始め、ブームは落ち着いた感はあります。
    いまでは施設間格差も拡大していますし、閉店となったモールもあります。

    例えば、1993年に日本初として誕生した「アウトレットモール・リズム」(埼玉県ふじみ野市)も2011年に閉鎖されています。
    改装閉店ということでしたがリニューアルオープンした施設はアウトレットモールではないため、必然的にリズムは消滅したといえます。

    関西のアウトレットモールも振るいません。大阪・南港にある「タウンアウトレット・マーレ」(大阪市住之江区)は1999年のオープン当初は賑やかでしたが、
    すぐに閑散としてしまい、今でも一応アウトレットモールとは名乗っていますが、有名ブランドはほとんど出店していません。

    また、同時期に大阪・岸和田にオープンしたベイサイドモール「カンカン」も賑わったのはオープン当初だけですっかり寂れてしまい、
    今ではアウトレットではなく、ユニクロなどのテナントが入店する普通の商業施設となっています。

    その一方で好調を維持し続けるモールもあります。
    御殿場(静岡)、神戸三田(兵庫)などにある「プレミアム・アウトレット(三菱地所)」や、木更津(千葉)、滋賀竜王(滋賀)などにある
    「三井アウトレットパーク(三井不動産)」の“大手2強”は比較的安定した人気を誇っていますが、その勢いも今後どこまで続くか分かりません。

    なにしろ、アウトレットモールは2010年以降、全国に8施設しかオープンしておらず、既存のモールは1990年代~2010年までが開業のピークだったということになります。
    どうして新規開業にブレーキがかかったのか、いろいろな理由が考えられます。

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-370224/
    2019年08月13日 07時00分 NEWSポストセブン




    (出典 eonet.jp)


    【【商業施設】進む「アウトレットモール離れ」その理由は?】の続きを読む

    このページのトップヘ