白モフのトレンドNEWS

今すぐ知りたい速報芸能ネタ
話題のニュースとスポーツ
明日から役立つ雑学
面白ネタ
をご紹介してゆきます!

    タグ:コロナ

    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。
    風俗営業 (ふうぞくえいぎょう) とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下、風適法と略記)第2条で定義されている一定の営業をいう。キャバレー・料亭・クラブ・パチンコ店・ゲームセンターなどが該当する。 風適法第2条では、次の各号のいずれかに該当する営業を風俗営業と定義して、業務適正化の措置を図っている。
    8キロバイト (1,141 語) - 2019年12月23日 (月) 03:40



    (出典 publicdomainq.net)


    言われてみれば確かに濃厚接触。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/03(火) 15:14:07.88

    新型コロナウイルスのせいで“濃厚接触”を売りにしている風俗界が大ピンチだ。

    風俗ライターは「ソープランドやデリヘル、ピンクサロンも唾液による感染を恐れて、客が激減。不特定多数の男性客を相手にするキャバ嬢や風俗嬢も怖がって逃げ出している。
    新型コロナが、風俗業界の死活問題にまで発展してますよ」と語る。

    厚生労働省は家族や会社の同僚などが同じ空間で長時間過ごし、食事や会話を至近距離で行うことを濃厚接触と定義している。
    その感染恐怖が報じられてから、風俗業界での客離れが始まった。

    都内のデリヘル関係者は「店や女性によっても違いますが、大半はディープキスや、生フェラ、クンニなどのプレーが含まれている。
    粘膜接触が危険だと分かったら、お客は来なくなりますよ」と言う。

    ヌキがないキャバクラや、セクキャバやオッパイパブなども客と至近距離で長時間、接触するために感染リスクが高い。

    「特にディープキスがOKなセクキャバはリスクが高い。
    報道で濃厚接触におびえたキャバ嬢は、キスを拒絶する。お客は来なくなりますよ。池袋や歌舞伎町のセクキャバやオッパブは閑古鳥が鳴いてますよ」(前出の風俗ライター)

    客離れだけではなく、新型コロナウイルスの感染を恐れた風俗嬢やキャバ嬢の退店も続出中だ。

    「デリヘルで1日に何人も客を取っていたデリヘル嬢が、新型コロナが怖いと言って、辞めるケースが続出してますよ」(デリヘル関係者)

    新型コロナウイルスは風俗界にも停滞ダメージを与えている。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/social/1758186/
    2020年02月27日 16時00分


    (出典 www.officiallyjd.com)


    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。 【【コロナウィルス】“濃厚接触”リスクで風俗ピンチ キスやプレー「危ない」と客離れ】の続きを読む

    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。
    厚生省(こうせいしょう、Ministry of Health and Welfare)は、かつて存在した日本の行政機関である。医療・保健・社会保障などを所管していた。 2001年(平成13年)1月、労働省(当時)と統合されて厚生労働省に改称した。 「書経」の「正徳利用、厚生
    20キロバイト (705 語) - 2020年1月18日 (土) 06:57



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    コレお願いしちゃう?

    1 1号 ★ :2020/03/02(月) 19:27:28.10

    6.全国の若者の皆さんへのお願い
    10代、20代、30代の皆さん。
    若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。
    でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、
    重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。
    皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、
    多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。


    以上
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html


    (出典 chojugiga.com)


    【【新型コロナ専門家会議】「全国の若者(10代、20代、30代)の皆さんへのお願い」】の続きを読む

    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。

    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 名無しさん@おーぷん :20/03/03(火)01:36:13 ID:w9d

    なんかええ副業教えてクレメンス彡(;)(;)
    接客業なんやがお客さんが来ないから仕事中の無駄な時間はある
    その時間を金に変えたいんや

    どうか知恵を貸してクレメンス


    【自営業ワイ、コロナの影響で収入がガチでやばいので副業をしようと思うんやが】の続きを読む

    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。
    遠野 なぎこ(とおの なぎこ、1979年11月22日 - )は、日本の女優。旧芸名は遠野 凪子。 神奈川県川崎市出身、キャストパワー所属 1991年、テレビ朝日『鳥人戦隊ジェットマン』に本名の「青木秋美」名でゲスト出演し、デビュー。 1994年、テレビ朝日『嫁の出る幕』にレギュラー出演。この作品より「遠野凪子」を名乗る。
    23キロバイト (3,127 語) - 2019年9月10日 (火) 21:27



    (出典 grapee.jp)


    マスク売ってないてすね。
    遠野なぎこさん自身も知ってるはずなんですがね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/01(日) 21:52:42.78 ID:HHf7VuQP9.net

    女優の遠野なぎこがブログに綴ったある「怒り」に対して、ネット上から批判が殺到している。

    遠野は24日にブログを更新し、この日、久しぶりに電車に乗ったことを報告。乗車前、「想像だと、9割くらいの人がマスクをしているのかと思いきや…」と予想していたとのことだったが、実際にはマスク着用率は5割強ほどだったと明かした。

    さらに「テレビであれだけ注意をされているから皆んな徹底しているんだろうなと思って観察していたら“手すり”だったりをティッシュやハンカチで掴んだりする人も皆無」「掴んだ後に除菌する人も全く見かけなかった」と乗客のウイルスへの知識が薄いことを指摘し、さらにはマスクなしでくしゃみをする乗客もいたとのこと。

    「お子さんの心配は勿論の事、笑っている大人が感染して周りに知らない内に広げてしまう可能性もある訳で…本当に信じられない。やっぱり、他人事だとしか思っていないんだろうな」と怒りつつ、最後には「私は仕事以外最低限の外出を心がけて除菌等自分なりに十分気をつけていきたいと思います」とつづっていた。

    遠野なぎこの投稿にネット上からは批判の雨あられのワケ

    しかし、この投稿にネット上からは、「だからマスクが売ってないんだってば…」「個人がいちいち手すりとか除菌とかしない。マスクだって今は入手困難だししていない人を非難しないで欲しい」「マスクもアルコールも普通の人には買えないんだよね」という批判が集まってしまった。

    この投稿の前にアップしたブログの中で遠野は、マスクが高額で転売されている現状に怒りを呈したことからマスクが品薄状態となっていることはもちろん知っているはず。一方的な怒り表明にネットユーザーの不快感を買ってしまったようだ。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_232609_entry.html
    2020/02/27 12:00


    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。 【【芸能】遠野なぎこ、マスク無着用の電車利用客に怒りでも返り討ちにされる。】の続きを読む

    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。
    帰国者・接触者相談センター (カテゴリ 2019新型コロナウルス)
    帰国者・接触者相談センターとは2020年2月1日に厚生労働省が設置を事務通達した2019新型コロナウルスの相談センター。 2019新型コロナウルスに感染したと考えられる場合の、最初に連絡すべき窓口を目的として設置されている。 日本での新型コロナウィルスの感染拡大を受けて厚生労働省が各都道府県に対して設置するよう202
    3キロバイト (534 語) - 2020年2月25日 (火) 18:30



    (出典 cdn.shortpixel.ai)


    非常事態の時こそ、人間性が露になるのです。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/01(日) 15:01:23.08

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人々の不安は、購買活動にも影響を与えている。そうした中、Twitterで「コロナよりも怖いのは人間だった」と悲痛な叫びをあげたドラッグストアで働く女性がいた。体験とともに思いを投稿すると、同じく店員であり、同様の境遇にあるというユーザーたちから「共感しかない」「まさにその状況」との声があがった。彼女は、何を語り、どんな体験をしているのか。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

    「マスクの次は、トイレットペーパーやティッシュペーパーがなくなる」「製造元が中国」

    こんな根拠のない情報が、SNSやメッセージアプリを中心に流され、ドラッグストアやスーパーの店舗に人々が殺到。トイレットペーパーやティッシュペーパーだけでなく、生理用品や乳幼児用の紙オムツまでも、日々、売り切れる店舗が続出する事態となっている。

    この状況で、Twitterで声をあげたのは神奈川県内のドラッグストアで12年間、働いているという女性のtamaさん(@tama_punpa)だ。

    「ドラッグストア店員の思いです。私たちも同じ人間です。ありがとう、頑張ってねが一個でもあれば良いのに。すみません、申し訳ございませんばかりで疲れました」

    この文章とともに、投稿したのが現場での体験をもとにした叫びだった。以下、全文を紹介する。

    “現在、コロナウイルスに感染し、闘病している方々が回復に向かうこと、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

    現在、コロナ問題で毎日ニュースが流れ、感染者・死者が出るたびに、恐怖が煽られています。私はコロナウイルス の専門家でも医者でもありません。ただのドラッグストア店員です。

    12年勤めてきて、良い時も悪い時もありましたが、楽しく勤めてきた仕事だったのに。1.5カ月前。まさにコロナにより、マスクの供給不足となった頃から毎日毎日同じことを聞かれて、あげくキレられたりと増えてきました。

    「マスクの入荷はいつ?」

    「いつもないじゃない!」

    「病人がいていつも買えないのに、1個くらい取り置きしてよ!」

    今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます。

    購入数量の規制もかかり、多く持ってきた方に説明すれば、不服そうに文句を言われます。

    だけど「申し訳ありません」「すみません」と頭を下げます。きっと、「ありがとうございます!」よりも「すみません」の方が割合が多くなり、正直、ノイローゼ気味です。

    電話もよく鳴るようになりました。

    「在庫聞きたいんですが」

    「いつなら入る?」

    電話が鳴るたびにストレスです。

    実際、マスクの入荷日には列が半端なく、レジスタッフも今までにない状況に過呼吸や貧血を起こす人も出ています。

    そして、2日前から急に、今度はペーパー・生理用品・ベビーおむつまでも買い溜めする方が増えました。

    ずっとレジから離れられない状況で、いつもの日常業務もまったくできなくなりました。

    そして、また始まるのです。

    「いつ?」「なんで?」など、数量も規制がかかり説明するたびに「これも?!」と。頭を下げる日々です。

    ドラッグストア店員としては、コロナよりも怖いのは人間だと思います。

    目に見えないものより、目に見える人間が怖いです。

    優しかった人々が、殺気立って、とにかくイライラをぶつけてきます。

    よく考えてください。医者も研究者も頑張ってます。マスク業者も頑張ってます。店員だって、今までの人数でひたすら頑張ってるんです。

    ペーパー類なんてデマ情報に流され、買い込むから品薄になるんです。自分たちの首を自分たちでしめてるだけです。

    家にこもるなら、ペーパーがなくてもシャワーで洗い流すなりできます。生理用品だって、10個も使いますか?布ナプキンだってあります。

    少し落ち着いてください。

    謝ることに疲れました。

    私はウイルスよりも、人間が怖いです。ストレスで、声をかけられるとビクッとし、またマスクだ。消毒だ。と恐怖です。

    会社からも「何度同じことを聞かれても、対応は優しく丁寧に」と言われました。



    3/1(日) 13:02配信  全文はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00010002-bfj-soci




    (出典 townwork.net)



    情報が古くなってる事も有るので、ご確認ください。 【「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験 】の続きを読む

    このページのトップヘ