白モフのトレンドNEWS

今すぐ知りたい速報芸能ネタ
話題のニュースとスポーツ
明日から役立つ雑学
面白ネタ
をご紹介してゆきます!

    タグ:欅坂46


    平手 友梨奈(ひらて ゆりな、2001年6月25日 - )は、日本の元アイドル、女優であり、女性アイドルグループ欅坂46の元メンバーである。愛知県出身。ソニー・ミュージックレーベルズ所属。身長163cm。血液型O型。 中学生時代、バスケットボール部に所属していたが、部活動以外に目標がなく、他のことに
    38キロバイト (4,866 語) - 2020年1月23日 (木) 13:48



    (出典 pbs.twimg.com)


    平手友梨奈さん何が有ったんですかね?

    1 豆次郎 ★ :2020/01/24(金) 02:02:44 ID:aZpkghWL9.net

    スポーツ報知
    1/23(木) 20:51配信

     欅坂46のエース・平手友梨奈(18)がグループを脱退することが23日、公式サイトで発表された。同時に織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の卒業、佐藤詩織(23)の休業も発表された。


     平手は今時のボブカットがトレードマークで、低音ボイスとクールな雰囲気で「山口百恵さんの再来」(レコード会社関係者)との呼び声もある不動のエース。2015年8月、鳥居坂46(当時の名称)の1期生オーディションに合格。16年4月のデビュー曲「サイレントマジョリティー」をはじめ、以降、全シングルでセンターを務めてきた。

     17年のNHK紅白歌合戦で過呼吸のような症状でダウンするなど、相次ぐけがや体調面でも話題に。昨年の紅白でも全力で「不協和音」を歌唱したが、その後に倒れるなどパフォーマンスのみならず、一挙手一投足が注目を集めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00010000-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579786824/


    【【芸能】今後どうなる⁉︎欅坂46・平手友梨奈が、ついにグループ脱退を発表 】の続きを読む


    長濱 ねる(ながはま ねる、1998年9月4日 - )は、日本の女優、元アイドルであり、女性アイドルグループけやき坂46および欅坂46の元メンバーである。長崎県出身。身長159cm。血液型O型。 長崎市出身で、3歳から7歳まで五島列島で育つ。 長崎県の高等学校在学中に全国高等学校クイズ選手権に出場し、長崎県大会の決勝まで進んだ。
    25キロバイト (3,145 語) - 2019年8月1日 (木) 17:28



    (出典 www.crank-in.net)


    長濱ねるさん、お疲れ様でした。

    1 砂漠のマスカレード ★

    7月30日、欅坂46のメンバー長濱ねるの最終イベント『ありがとうをめいっぱい伝える日』が終わり、彼女は正式に卒業した。現場でもネットでも涙涙で惜しむ声が大きかったが、今後の活動について、彼女はこんなことを言っていた。

    「この4年間ずっと放電してるような日々で……気づいたら心が空っぽになってしまいました。人前に立つことから距離を取りたいと思ってます。」

    ここからは、記者のかなり個人的な印象になってしまうが、記者にとって、この言葉は爆弾というより、何か重い石を背負わされたように感じ、しばらく立ち直ることができなかった。

    「放電し続けて空っぽになる」なんてことは、アイドルの、特に運営をするものにとって、あってはならないことだと感じていたし、まさか彼女がそんな発言を最後にするとは思ってもいなかったからである。

    アイドル……少なくとも秋元康がプロデュースしてきたグループは、メンバーの成長過程を見せていくものであり、メンバーは試行錯誤しながら、自分の将来に向けて経験や技術を蓄積……インプットしていくものだと、記者は思っていた。

    むろん、グループが売れていくためには、持っている魅力のアウトプットは不可欠ではあるが、それ以上にインプットが必要であることは、いうまでもなく大切で、当たり前のことだと思っていたのだ。

    実際、乃木坂では、舞台・演劇方面で才能を発揮しているメンバーも多いし、タレントとして安定感を持って外番組に呼ばれるメンバーも増えてきた。また、アナウンサーになったメンバーにとっても、乃木坂での経験がなんらかのアドバンテージになっていると思っている。

    だから「アイドルとしてやることはやった」とか、「新しい道をみつけた」という卒業の言葉は、真実に近いものだろうと考えていたのだが、まさか、「空っぽになった」という言葉が出るとは思わなかったのだ。

    しかし、こと欅坂、そして長濱ねるのこれまでの軌跡を振り返ってみると、その特殊な、そして過酷な状況も見えてきてしまう。

    ブレイクやデビューに時間がかかり、その間、試行錯誤して自分や周囲を見つめなおす機会が多かった「乃木坂」や「日向坂」に比べると、「欅坂」はデビュー曲『サイレントマジョリティー』が大ヒットし、1年目から紅白歌合戦の出場の栄誉を掴んでいる。

    当然、個々のメンバーの仕事も忙しくなり、レッスンはハードで、育成よりも結果が優先する環境になりがちである。

    さらに、早々に固定化されたセンター平手の体調やメンタルの問題、主力級だった志田や今泉の卒業、ムードメーカ原田葵の活動休止に、知性派キーパーソンだった米谷奈々未の卒業と、彼女たちがインプットにかける時間はどうしても削られ、早く結果を出さなければならないという焦りがこのグループには漂っている。

    ブレイクまでに時間がかかり、さらに選抜システムにより活動時間にバラツキがあって、その時間を育成にかけることができた乃木坂。デビューできるかどうかもわからず、代打屋としてじわじわと実績を重ねながら、必死でサバイバルをしてきた日向坂。共にその苦労や環境が絵になるが、いきなりブレイクし、大きな失敗が許されない状況の欅坂メンバーの苦悩も相当なものであることが伝わってくる。

    その中でも、長濱ねるは特に負担が大きなポジションで、一足遅れて欅坂に加入したことで、オリジナルメンバーとの関係性を構築する時間が必要になり、さらに「ひらがなけやき(現日向坂)」との兼任でパイプ役にもなり、写真集やテレビといったソロ活動も好評でオファーが殺到ということで、確かにインプットする暇もなく、次々現れる課題を乗り切ることに必死になってしまっていたことは想像に難くない。

    また、性格的にも生真面目で、優しすぎるぐらい優しく、しかも有能で頭もいいため、周囲が安心して彼女に頼ってしまう部分はあったのではないかと思う。しかしメンバーの前では、例えば仲の良かった齋藤冬優花の服に染みができるほど号泣し、不安や苦労を訴えていたという証言も出てきた。

    彼女の卒業は笑顔で見送りたい。しかし、彼女のアイドルとして過ごしてきた期間が、搾取と消耗の期間であったとは思いたくない。

    彼女が残した教訓をどうやって生かすのか?ファンも運営も改めて考える時期がきているのではないだろうか?

    https://news.livedoor.com/article/detail/16866474/
    2019年8月1日 21時42分 財経新聞


    【【芸能】欅坂46・長濱ねる『放電してるような日々』】の続きを読む


    長濱ねる、欅坂46卒業後進路は明言せず「さよなら、またね」 - ORICON NEWS
    ニュース| アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる(20)が30日、千葉・幕張メッセ国際展示場ホール6で行われた卒業単独イベント『ありがとうをめいっぱい伝える日』をもって ...
    (出典:ORICON NEWS)


    長濱 ねる(ながはま ねる、1998年9月4日 - )は、日本の女優、元アイドルであり、女性アイドルグループけやき坂46および欅坂46の元メンバーである。長崎県出身。身長159cm。血液型O型。 長崎市出身で、3歳から7歳まで五島列島で育つ。 長崎県の高等学校在学中に全国高等学校クイズ選手権に出場し、長崎県大会の決勝まで進んだ。
    25キロバイト (3,143 語) - 2019年7月31日 (水) 01:12



    (出典 realsound.jp)


    長濱ねるさんも卒業ですか?
    一般人になるんですかね?

    1 鉄チーズ烏 ★

     アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる(20)が30日、千葉・幕張メッセ 国際展示場ホール6で行われた卒業単独イベント『ありがとうをめいっぱい伝える日』をもってグループを卒業した。その足で同日深夜のニッポン放送『長濱ねるのオールナイトニッポン』(深1:00~3:00生放送)でパーソナリティーを務め、胸中を明かした。

     オープニングトークを終えた長濱は「7月30日で2015年11月から活動させていただいた欅坂46を卒業しました。その直後、卒業したてホヤホヤの『オールナイトニッポン』です」と話すと、「約4年間、欅坂に所属していたんですけど、それはそれは濃密で10年くらいの体感です」と活動を振り返った。

     卒業イベントにはメンバーは登場しなかったものの、来場していたといい、舞台裏でメッセージアルバムをもらったことを告白。さらには「さっき、てっちゃん(平手友梨奈)も花束を持ってきてくれて会うことができて、すごくうれしくて幸せな気持ちで過ごしております」とも明かし、「アイドルを卒業した長濱ねる一個人、“普通の人”のオールナイトニッポン、楽しみです。ちょっと緊張しています」と話した。

     放送中にはメンバーの守屋茜、尾関梨香、齋藤冬優花、菅井友香、佐藤詩織のほか、故郷・長崎を舞台にしたドラマで共演歴のある俳優・遠藤憲一、長濱がアイドルを目指すきっかけとなった乃木坂46の元メンバー、伊藤万理華からもメッセージが寄せられた。中でも「自分のことを話せる唯一の先輩」という伊藤からのボイスメッセージには感涙して何度も鼻をすすり、「頑張って生きていきます」と語った。

     気になる卒業後の進路については「このラジオが私がみなさんの前でお話しする最後の機会になるのかな…しばらくみなさんとお会いする機会がないので。最後の最後の声になってしまいますね」と引退をほのめかしつつも「正直、今は実感がなくて、明日から自分がどういうふうになっていくのか。上京してからアイドルしかやってこなかったので、どういうふうにこの街で暮らしていくのか、挑戦をしながらになるんですかね…まだふわふわしてるんですよね」と話すにとどめた。

     頭脳明晰でクイズ番組でも活躍していたことから、タレントとしての活動継続を望んでいたファンも多かったが、3月7日の卒業発表時のブログでも「卒業後については約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています」とつづっていたように、芸能活動を続けるとも芸能界から引退するとも明言しないまま「さよなら、またね~」と締めくくった。

    ■長濱ねる(ながはま・ねる)
    1998年9月4日、長崎県長崎市生まれ。長崎市内の進学校に在学中、欅坂46(当時は鳥居坂46)のオーディションを受けるも、2015年8月21日の最終審査当日朝、親の反対で辞退。約3ヶ月後、特例で作られた「けやき坂46」のメンバーとして加入した。16年4月のデビュー曲「サイレントマジョリティー」には選抜されず、2ndシングル「世界には愛しかない」(同8月)からは欅坂46を兼任する形で初選抜。5thシングル「風に吹かれても」で兼任解除、欅坂46専任となった。17年12月発売の1st写真集『ここから』は12度の重版で累計発行部数21万部を突破。欅坂46ソロ写真集の最多部数記録を保持している。


    7/31(水) 3:00配信 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000329-oric-ent

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【欅坂46】長濱ねる「さよなら、またね」卒業後は、どうする⁉︎】の続きを読む


    山口真帆と欅坂46まさかの共演?「黒い羊」熱唱の話題を受けてテレビ局が計画(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
    5月にNGT48を卒業した山口真帆(23)と人気アイドルグループ「欅坂46」とのサプライズ“合体”をテレビ局が狙っている!! 欅坂の最新シングル「黒い羊」といえば、山口が ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のアイドルグループNGT48の元メンバーである。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長162 cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催されたイ
    16キロバイト (2,126 語) - 2019年6月22日 (土) 21:06



    (出典 haru-journal.com)


    テレビ局も数字が欲しくて必死ですね。

    1 真実は一つ ★

    5月にNGT48を卒業した山口真帆(23)と人気アイドルグループ「欅坂46」とのサプライズ“合体”をテレビ局が狙っている!! 
    欅坂の最新シングル「黒い羊」といえば、山口が卒業公演で「どうしてもやりたかった曲」「支えられた曲」として披露し、大きな話題となった。ただでさえ卒業後の仕事に注目が集まっている山口。その目の前で欅坂メンバーがパフォーマンスし、山口が感謝する感動の番組企画が実現しそうだ。

    欅坂46のキャプテンの菅井友香(23)、渡邉理佐(20)、守屋茜(21)、土生瑞穂(21)、小林由依(19)が2日、都内で行われた「イオンカード 欅坂46 新キャンペーン発表イベント」に出席。
    イオンカードは1日から9月30日まで、最大20%キャッシュバックキャンペーンを開催し、欅坂メンバーが出演する新CMも6日から放送される。

    デビューからの心境の変化を司会者に聞かれた菅井は「デビューして4年目に入ったんですけど、最初の頃は目の前のことで精一杯。新しい環境に慣れることが大変で、もがいたり悩んだりしていた。
    最近は2期生も入ってきて、新しい欅坂46が生まれて、前向きに楽しめるようになりました」と笑顔で明かした。
     CMソングは、累計売り上げ90万枚を突破し大ヒット中の最新シングル「黒い羊」を使用する。

     大手チェーン・タワーレコードが1日に発表した2019年度の上半期チャートで、「黒い羊」は邦楽シングル部門トップを走る。

     デビュー以来8作連続でオリコン週間売り上げランキングで1位と、勢いは増すばかりだ。

     そんな乗りに乗る欅坂に驚きのプランが浮上していた。5月にNGTを卒業し、大手芸能事務所「研音」に移籍した山口との“合体”だ。

    「卒業した山口さんの仕事に注目が集まっていますが、テレビ局が欅坂との共演を狙っているんです。卒業公演で山口さんは『黒い羊』を披露し、大きな話題を呼んだ。
    山口さんは苦しい時期にいつもこの曲を聴いて励まされていたとか。例えば、音楽番組でゲスト出演した山口さんが見つめる中で欅坂がパフォーマンスすれば、これほど絵になるものはない。視聴率も大いに期待できるでしょう」(民放関係者)

    山口は卒業公演後に、自身のインスタグラムで「黒い羊」について「欅坂46さんの曲をお借りしました。欅坂46さんのファンの皆さんも優しく受け入れてくださって感謝です」「この5か月間とても支えられた曲です。誰かに勇気や元気を与えられたらいいなと思います。伝えたいものが伝わっていたら嬉しいな」と記述した。
    同曲は歌詞にある「僕だけがいなくなればいい」などのフレーズが、卒業公演で「意味深」と話題にもなった。

     5月25日に「研音」所属を発表した際に、前出の投稿を含めてすべて削除したが、当時は山口の思いを受け止めたファンからは欅坂46への感謝の言葉が殺到。また、欅坂ファンも山口への応援コメントを寄せていた。

    「山口の卒業公演後、2月に発売された『黒い羊』は売り上げランキングが急上昇。山口をきっかけに、欅坂46を知らなかった層にも名前や曲が広く知れ渡った」とは音楽関係者。もし共演が実現すれば、ファン必見の“感動の絵”になることは間違いない。

     両者のファンのみならずアイドルに疎い視聴者もくぎ付けになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000003-tospoweb-ent


    【【芸能】 山口真帆と欅坂46まさかの共演?果たして実現するか?】の続きを読む

    このページのトップヘ